2016.10.31 12:25 (GMT+9)
Category:PC
 Dell XPS 13の2016年モデルを購入しました。Appleが"新しいiPad"という斬新すぎる製品名を使い始めて以降、他社もマイナーチェンジモデルでは同じ製品名を使う風潮が広まっているようですが、XPS 13も登場以来ずっと同じ名前です。それもInfinityEdgeになる前からXPS 13は存在しているので、買う方にしてみると紛らわしくて仕方ありません。ちなみに、2016年モデルは9360という型番がついています。
 なお、購入の目的は仕事で使うためです。会社から支給されているラップトップもあるのですが、残念ながらポンコツ性能で業務効率が上がらないので、前々から仕事用のマシンが欲しいと思っていました。

 実のところラップトップ購入にあたり、第一候補はLenovoのThinkPad 13でした。低価格のエントリーモデルながらDDR4のメモリスロットを二つ備える稀有な存在で、メモリ32GB構成に出来るパワフルなマシンです。
 ただ、ディスプレイの色域が狭く、sRGBカバー率が約70%にとどまります。ノングレア・フルHD・IPSパネルなのでオフィスワークで不自由することは無いのですが、2016年に買う端末としては少し惜しいです。
 また、M.2でNVMeに対応していないのが残念でなりません。今後の傾向として、M.2 SSDの主流は間違いなくNVMeになっていきます。となると2、3年後にSSDを換装したくなった時にNVMe非対応というのは地味に痛いと感じました。

 XPS自体も、新モデルの登場と共に型落ちになった旧モデルがまだ販売されていて、ちょっとお安く買えるようです。新旧での大きな違いはメモリとWiFiモジュールの二つで、メモリは新モデルから16GB構成を選べるようになりました。メモリはオンボードなので8GBでは困るという場合には新モデル一択です。
 また、WiFiモジュールは新モデルからKillerブランドになりました。主にゲーミングマシンで見かけるKiller NICがウルトラブックに入っているというのは何とも不思議ですが、旧モデルよりもWiFiの受信感度が良くなったのは確かです。Dellということで、Alienware向けにテストしてみたら優秀だったからXPSにも採用したのでしょうか。

 さて、筆者がオーダーしたのは全部入りの最上位構成で、Core i7 + メモリ16GB + ストレージ512GBとなっています。これにディスプレイは3200x1800タッチ液晶が付いてお値段約20万円。ディスプレイはフルHDノンタッチでも十分なのですが、メモリ16GBにするには最上位構成しかありません。また、色もシルバーに限定されてしまいます。

 今回はここまで。使い勝手については追って記事にしたいと思います。

オマケ: LG Gram 15
 家電量販店に実物を触りにいった際に、たまたま置いてあって衝撃を受けたのがLGのGram 15です。存在自体は発表当初から知っていて、レビュー動画なども視聴していたのですが、国内で店頭展示されているとは知りませんでした。とても中身が詰まっているとは思えない重量で、みなさんも見かけたら一度持ってみることをオススメします。
2015.05.04 15:30 (GMT+9)
Category:オーディオ

float解除用
 普段は意識しないで使っていても、いざ壊れると困るものは少なくありませんが、筆者は最近ヘッドセットが壊れました。もともと使っていたのはSonyのDR-GA200というもう廃番になっている製品で、イヤーパッドがボロボロになってしまいました。電気的には問題ないので、頑張れば補修できそうな気もするのですが、とはいえ手元にヘッドセットが無いと不便ということで新たに購入したのがLogicoolのG230です。

 そもそもなぜヘッドセットが必要かというと、筆者の場合はもっぱらSkype専用です。そのため基本的には相手の声が聞こえて自分の声が届けば問題ありません。そういう意味ではわざわざゲーミングヘッドセットを選ぶ必要性は低いのですが、時々長時間にわたって通話することがあり、付け心地を重視してヘッドセットを選んできました。

1. 付け心地
 その気になる付け心地はなかなかに良好だと感じました。イヤーパッドに厚みがあり、耳がドライバーにあたることがありません。以前カップが浅いものを買ってしまったことがあり、そのときは装着して30分もしないうちに耳が痛くなる体験をしたものですが、G230ではそういうことはなく快適に使えます。密閉型なのでオープンエアに比べるとムレに対しては不利ですが、特別気になるということはありません。
 重量も大きさの割には軽い方だと思います。まだ数時間使用しただけですが、はっきりと頭頂部が痛くなることもありません。ゲーミング用と謳っているだけあって、元々長時間利用を想定して設計されているはずなので今後期待に応えてくれると信じています。

2. 音質
 あまり特筆すべきこともないのですが、ゲーミング用らしく低音が強めに出ます。解像度はまあまあ。値段を考えると総じて優秀だと思います。Razer Surroundと併用すれば本来の用途であるゲームにおいても活躍してくれるはずです。
 まだのんびりエージングさせているところですが、上流がしっかりしていれば意外と音楽用にもいける気がしています。筆者はDragonFlyからの直結で使っていますが、普段YouTubeでBGMを流す層であれば自信を持ってお勧めできるクオリティが出ています。ロスレスでWASAPIで云々というガチな人たちにはそもそもジャンル違いの製品ですが、四六時中高品質音源だけを再生するわけでは無いでしょうから、ウェブラジオなどの圧縮音源を聞くおもちゃとして買ってみてもいいかもしれません。
 なお、テクニカルな話をすると、本製品は40mmドライバーを採用しています。感度は90dB/mWと少し低め、インピーダンスは32ohm、帯域は20-20kHzとなっています。残念な点としては、ヘッドセットらしく音量調整ツマミが直結でついているため、素の状態よりもかなり音質は劣化していると思われます。

3. メンテナンス
 G230の最大の特徴はイヤーパッドを取り外して水洗いできることです。実際には殆どのヘッドホンのイヤーパッドは水洗いできるのですが、障害となるのは取り外すまでの手間です。その点G230であれば簡単に取り外し可能なので常に清潔に保ったまま使用できます。メーカーによるとイヤーパッドを覆う布の耐久性にもこだわっているらしいので、長持ちしてくれることに期待です。

まとめ
 実はG230に関して筆者が一番関心したのは外箱の大きさだったりします。通販で購入したのですが、値段からは考えにくい大きな箱が来てびっくりしました。もちろんエンクロージャーにしてもドライバーにしても高価な素材が使われているわけではないのでしょうが、その代り細部にわたって贅沢に仕上げられている点は非常に好印象です。
 事実、音質にしてもつくりにしてもコストパフォーマンスは非常に高い製品だと感じました。とりあえずヘッドセットが欲しいという人はもとより、手頃なヘッドホンが欲しいという人にもお勧めできると思います。
Tags: headphone
2014.11.19 16:54 (GMT+9)
Category:未分類

float解除用
 しばらく前に筆者が米国でNexus 4を使っているという話をしましたが、その後日本に戻ってからはHTCのOne(M7)も持ち歩くようになりました。今はもっぱら通話用のNexus 4とデータSIMを挿したOneの二台持ちです。
 そのHTC One自体は昨年頭の端末で、すっかりレビューも出尽くした感はありますが、筆者が半年ほど使ってきた印象をまとめてみたいと思います。

1. デザイン、質感
 ご存じのとおり、本機はアルミ主体のデザインで華々しく登場した端末です。実機を触る前から美しい端末だという印象を持っていましたが、それは手元に来てからも変わりません。一方で、一部からは工作精度が低いという声も挙がっていて、確かに細かい部分での詰めの甘さは感じます。パーツ同士がピタリと噛み合っているとは言い難いです。全体のクオリティは格下のNexus 4に劣る程度だと思います。HTCもこの問題を十分に認識していたようで、後継のM8は精度の高い端末に仕上がっていますが、少なくともM7はそこそこのレベルです。
 また、筆者の想像以上にアルミボディは曲者でした。Nexus 4程ではないものの、とても滑りやすく取扱いには注意が必要です。加えて、机などの固い面においた時の接触音が心なしか高めでボディが痛まないか心配になってきます。結局筆者はそれらに耐えかねてカバーを付けてしまいました。

2. 性能
 本機はSnapdragon 600世代の端末で、大ざっぱに言うとNexus 4と5の中間ぐらいの性能です。そもそもNexus 4の時点で殆ど性能面に不満は無かったのでOneに対しても基本的には同様です。ただ、フルHDを扱うにはGPUが少々貧弱な様で、画面切り替えで引っ掛かりを感じる場面が時々あります。469ppiのディスプレイは確かに非常に素晴らしいのですが、パフォーマンス低下とバッテリー消費のことを考えると720pでも良かったのかなと思ってしまいます。
 バッテリーの持ちはそれなりで、時々のメールやLINEに加えて3時間程度ウェブサーフィンする使い方で大体1日持ちます。その高い解像度に加えて筆者は明るい画面を好むので、画面点灯時はがりがりバッテリーが無くなっていきますが、これはどの端末でも変わりません。

3. カスタマイズ
 筆者の持つOneは米国で売られているバージョンなのでカスタムROMの開発が比較的盛んに行われています。筆者はROMにParanoidAndroid 4.43、カーネルにAGK Kernel 1.3を組み合わせて使っています。こうした自由度の高さはガラパゴス端末にはない海外端末の大きな魅力となります。ただし、OCNのSIMを挿したところLTEには繋がりませんでした。3Gだけでも筆者の使い方では問題になりませんが、これから海外端末を入手しようと考えている方は対応周波数に気を付けてください。

まとめ
 本機は一年以上前のフラグシップ機ということで、手放しに褒められる端末ではありません。上では触れませんでしたが、ナビゲーションバーが戻るとホームだけだったり、カメラが変則的だったりと変態度も決して低くない尖った端末だったりします。ただ、それらを差し引いても使ってみたくなるぐらいには素敵な見た目を有しているというのもまた事実です。話の種として人に魅せるには最適かもしれません。
Tags: android