float解除用
 PCが一人一台という時代も今は昔、複数のマシンが部屋で転がっている状況も珍しくなくなりました。特にマシン買い替えた時は、デスクトップの場合は周辺機器等をごっそり移行するので古い方は押し入れ行きということが多そうですが、ラップトップになると使えるマシンがそのまま一台余ることになります。単独で動かすにはパワー不足、かといって捨てるには勿体ないのもまた確かです。

 そんな余剰マシンを手軽に再利用する手段の一つが、今回取り上げるMouse without Bordersです。このソフト、何をするのかというと複数マシンの間でネットワーク越しにマウスとキーボードを共有できるようにしてくれます。この種のソリューションは古くからあり、切り替えスイッチはその代表格ですが、最近ではWormhole等より高度なデバイスも出回っています。ただ、古いマシンのために追加投資をするのは躊躇われるもので、そんな時にはフリーで使えるソフトウェアが最適です。

 マウス/キーボード共有ソフトとしての知名度で言えば、本ソフトよりもSynergyの方が上でしょう。あちらはマルチプラットフォームで自由度が高いという特徴があります。一方で、本ソフトはMicrosoft謹製なのでWindows環境でしか動きませんが、その代りに安定性が高く導入が簡単という利点を持っています。ネットワークを経由するソフトなのでファイアウォールには気を遣う必要がありますが、注意点はその程度で誰でも手軽に使用することができます。

 肝心の効果の程ですが、作業効率は確かに上がります。デュアルディスプレイ程自由度が高くはないとは言え、感覚として大差はありません。セカンダリに資料を表示させておいてメインで作業するような状況では非常に快適です。ファイル共有に関しては、ローカルにNASがあれば完璧ですが、無くてもクラウドストレージを利用すれば何とかなります。古いマシン活用しようと思うとパフォーマンス面に不安が残るものの、サブマシンとしてチューニングすれば大胆な運用も可能でしょう。

 筆者の場合は少し変則的で、非力なYoga 13がコンソールでW150HNMをサブにしています。双方ともメインを張れるスペックなので何をやらせてもサクサク動きます。スペック的には上のW150HNMですが、しかし持ち運びに向かないので使用頻度ではどうしてもYoga 13に劣っていましたが、今はサブディスプレイ兼外部プロセッサ的な少々勿体ない役割です。ただ、ラップトップの二台運用が初めてだったので、今のスタイルを思いつくのに時間がかかりましたが、W150HNM用には大きく立てるタイプのスタンドを用意するべきだったなと少し後悔しています。

 思うに、この種のアプリは今後Windowsタブレットが普及するにしたがって更に日の目を見ることになるかと思います。というのも、母艦さえあれば、タブレット用の周辺機器を揃えずとも使い慣れたキーボードとマウスでまとめて操作できるからです。自宅で置物化しやすいタブレットを今以上に有効活用できることは言うまでもありません。フルタッチデバイスはどうしても作業効率に難が生じてしまうものですが、普段はサブモニタとして使い、時々持ち出すというスタイルならば実用性は一気に増すことでしょう。
Tags: peripheral
コメントの投稿