準備導入と来たので最後に細々とした部分をカバーしたいと思います。

 まずは起動に関して。起動の度にエクスプローラでRAMディスクまで行って立ち上げるのは面倒なので、自分でショートカットを用意してあげましょう。この時、うっかりコピー元からショートカットを作らないように気を付けてください。あとはそれをデスクトップなり好きなところに置けば完了です。スタート画面にピン留めするのもいいかもしれません。ただ、タスクバーへのピン留めはポータブル版だとスペースを一つ余分に消費するのでお勧めしません。

 次に、アップデートに関してです。ポータブル版はいわば本家の亜種にあたるので、アップデータが提供されるのはどうしても本家から少し遅れます。ただ、すぐに最新版のブラウザを使いたいという場面はかなり稀だと思うのであまり気にする必要は無いかもしれません。なお、ポータブル版は通常版との共存が可能なので、常に最新環境が欲しい場合には両者を併用することでニーズを満たせます。

 むしろ、ポータブル版の利点は新旧バージョンを並行して運用できることにあると思っています。特に最近はブラウザのアップデートが頻繁に行われるのでプラグインの互換性問題が発生することも珍しくありません。新しいものを試す一方で、移行に支障があるうちは古いものを使い続けることが可能です。これは、一度アップデートしたら元に戻すのが面倒な通常版に対しての大きなアドバンテージと言えるでしょう。
 同様に、バックアップも容易なので新しいプラグインをとりあえず試してみて、気に入らなかったら丸ごと消去すれば既存環境を汚されることがありません。

 あとは、ポータブル版本来の使い方としてUSBメモリなどに入れて持ち運ぶことができます。現状まだ少ないかとは思いますが、ウェブアプリで全部事足りるという人は、出先にPCがあるとわかっていればUSBメモリだけ持って行って作業することも可能です。ついでにUSBメモリをBitLockerで暗号化しておけば万が一紛失しても安心です。

 このように、ポータブル版はとにかくフットワークが軽いので柔軟な運用が可能となります。その一方で、例えばWin8だとリンクに対しての関連付けがそのままだとできないとか、レジストリを参照される状況に弱いという欠点を持っています。何事にも得手不得手はつきものですが、メリットをうまく活かして賢く使っていきたいところです。

float解除用
Tags: ブラウザ
コメントの投稿