準備を終えたところで、次はブラウザ本体の導入です。

 ポータブル版が存在するブラウザは色々ありますが、定番どころとして PortableApps.comからFirefox/Chrome/Operaのポータブル版を入手できます。お好きなものをダウンロードして下さい。筆者はFirefoxとChromeを併用していて、残念ながらOperaをしばらく触っていないのですが、基本的には同じ振る舞いをするものだと思います。
 パッケージを入手したら、展開して起動させます。ポータブル版といっても、通常版との違いを意識することなく使えるはずです。必要に応じてカスタマイズしてください。各種プラグインは通常版と全く同じ手順で導入することができます。この時、RAMディスク上で作業を進めるとサクサク感を楽しめるでしょう。一つアドバイスすると、せっかくポータブル版を使っているのだからブラウザ本体の自動アップデートは無効化して、環境を崩されないようにしておくのが便利だと思います。

 気になるキャッシュの保存先ですが、少なくともFirefoxとChromeのポータブル版はデフォルトでメモリ上にキャッシュして、ディスクにアクセスしない設定になっています。そのため、特にいじらずとも良好なレスポンスが得られます。

 最後に、カスタマイズが終わったらブラウザをフォルダごとどこかに保存しておきます。RAMディスク上では当然再起動したらいなくなるのでご注意を。筆者はバックアップも兼ねてDropboxに入れていて、そうしておくとOSを再インストールしてもすぐに慣れた環境を取り戻せるので重宝しています。
 仕上げに、起動時に保存場所からRAMディスクにコピーを行うバッチファイルを作成してスタートアップに放り込めば終了です。これで毎回自分でコピーをする必要が無くなります。

 あとは快適なネットサーフィンを楽しむだけです。ただ、RAMディスクから起動していると変更を加えても再起動すると消えてしまうので、お気に入りや履歴、パスワード情報が保存されません。かといって、終了の度にコピーをとっていたのではあまりにも効率が悪すぎます。
 そこで、各種同期サービスをうまく使ってください。FirefoxもChromeも標準で各種情報を同期する機能を持っているのでそれらが活用できます。また、ブラウザを跨いで使えるサービスとして、パスワード用のLastPass、ブックマーク用のDiigoなど、サードパーティー製プラグインも併用できます。これらのクラウド系サービスを活用することで、ブラウザ起動時に自動的に前回終了させた状態を再現することも可能となります。あとは時々コピー元から起動して同期させておくことさえ忘れなければ、通常版と何ら変わらない運用が可能となるはずです。
Tags: ブラウザ
コメントの投稿