Windows 8の発売日前にオーダーして、発送まで4週間以上と書かれていたYogaがようやく届きました。まあ結構かかりましたが、実際には注文から4週間以内に手元に来ているのでスムーズに届いたと思います。なんでも品薄のせいで日本では発売日が延期になったという話ですが、ここアメリカでも例えばBestBuyのオンラインストアではしばらく売り切れが続いているので確かに人気なのでしょう。とはいえ、店頭に行けば置いてあるみたいで欲しいのに手に入らないというわけではなさそうです。
 ならどうしてわざわざLenovoで頼んだのかというと、Ultrabookなのでてっきりメモリが増設できないものだと思っていたためです。オーダーそのものはBestBuyの方が早かったのですがメモリ8GBが選べなかったので仕方なくLenovoで注文したというわけです。蓋を開けてみたらユーザーによる増設も可能なようで・・まあ手元にあるので気にしないことにしています。


float解除用
 普段はUnboxingなんて記録しないのですが感謝祭前に届いたのが嬉しすぎて思わずパシャリとしています。箱の中から箱といういつものLenovoらしい梱包に、内箱のつくりは兄貴分にあたるU300sにそっくりです。


float解除用
 Ultrabookということでおなじみのシールももちろん貼ってあります。その日のうちに剥がしましたが。手の触れるパームレストにシールというのはどう考えても間違っていると思うのですが店頭展示を考えてのことでしょうか。せっかくかっこいいのだから筐体底面にあったら残すのに勿体ないものです。
 また、写真ではちょっとわかりづらいですが、パームレスト部はレザー調の仕上げとなっています。不思議な柔らかさのある素材が使われていて、高級感があるとともに肌触りも非常に良好です。耐久性はまだわかりませんが、このパームレストだけで買って良かったなと思わせてくれます。
 キーボードの方はLenovoにしては平凡な出来で、残念ながら特別すごいということはありません。それでも、ストローク、感触、形状ともに及第点を満たしているのでUltrabookとして見たときに不満はありません。キートップをほんのわずかに湾曲させたクレイドルスタイルはもちろん本機でも採用されています。人によってはキーボードユニットのたわみが気になるかと思いますが、ちょっと弱いかなと思うのは一番上のファンクションキーの段だけで、それ以外はいたって頑丈です。一部海外のレビューサイトではバックスペースが小さいという意見がありましたが、日本語配列に慣れた身からすると全く気になりません。ただ、英語配列のままでは使いづらいのでCapsLkに全角半角を入れて、代わりにCapsはScrLkに振っています。

 本機の特徴はハイブリッド機たることですが、そのためにダブルヒンジとIPSパネルが使われています。ヒンジの方がよく注目されますが、クラムシェルで使う時には後者の品質も気になるところです。ということで測ってみました。測色計にはSpyder4を使っています。

float解除用
 輝度は最大で250cd/m^2以上あり十分な明るさを持っています。最近は300cd以上を謳う製品もあるのでインパクトは感じませんが、殆どの場面で困ることはないでしょう。ただし、ご覧の通り色域は狭いので、あくまでも視認性を上げるためにIPSパネルを採用したのだと思われます。まあ、ラップトップは普通こんなものです。もちろんTNを積んだ殆どのUltrabookよりも見やすい画面です。


float解除用
 ラップトップにしては補正が殆どかからないとても素直な出力特性。

 とりあえず数日触ってみて素直に良いマシンだなと感じました。殆どタッチパネルを使わずに、普通のクラムシェルとして運用しているのですがそれでも本機の良さを十分に享受しています。Windows 8の方も新OSなので時々おかしなところはありますし、操作に戸惑うこともありますが、基本的には7からブラッシュアップが進んでいるので問題なく常用できそうです。今後慣れてきたら、本機が日本で発売される頃にちゃんとしたレビューをお届けしたいと思っています。
Tags: yoga ultrabook
コメントの投稿