マウスパッドと一口で言っても、以外にも?かなり多彩な製品ラインナップが展開されています。前回はプラ系と布系から代表的なものとしてSteelSeriesの製品を紹介しましたが、今回は少し話を広げて現役のマウスパッドメーカーを取り上げてみたいと思います。

1. SteelSeries
 古くから定番製品を多数生み出してきた同社は、やはり布系QcKシリーズの印象が強いでしょうか。様々なイメージがプリントされたコラボモデルのQcKが多数ラインナップされています。プラ系でも愛用者の多いHDシリーズや、より高速なS&Sなど安定した製品をリリースしています。一方で、ガラス製のEXPERIENCE I-2とアルミ製のSXも作っていて、特殊素材の採用も積極的に行っています。
 ただ、ゲーマー向けブランドなので一般ユーザーからすると大きすぎると感じる製品が殆どかもしれません。また、上位モデルはなかなかに高価です。

2. Razer
 マウスで有名な同社ですが、マウスパッドの愛用者も多いです。三種類あるGoliathusシリーズは豊富なサイズ展開と相性問題の少なさでQcKと並ぶ布系の定番と言えます。それ以外ではどちらかというとトリッキーな製品が多く、リバーシブルタイプのものも多いです。
 ただ、最上位のアルミ製Ironcladとシリコン製Megasomaはどちらも問題を抱えていたりしてSSに比べると安心感に欠ける印象があります。

3. パワーサポート
 同社はアクセサリメーカーですが、エアーパッドはすっかり有名になりました。シリコン製のハードタイプで、現行版はエアーパッドプロIIIとなっています。同社はスピードを売りにしていますが、個人的にはSSのHDと大差ない気がします。もちろん、その他大多数と比べたら圧倒的に滑りますが。
 一般向けらしく小さなサイズも充実していますが、欠点は価格で一般用とは思えない程高価です。また、ゲーマー用じゃないので裏面の滑り止め処理が甘いのも気になるところです。

4. DHARMA POINT
 日本のゲーマーにはすっかりお馴染みとなった同社、というか同ブランドは最新技術を取り入れた意欲的な製品を作っています。日本発のブランドなので購入のしやすさがポイントでしょうか。とはいえ大きな製品が多いので一般ユーザーは手を出しにくいかもしれません。

5. ARTISAN
 かなり珍しい日本発のマウスパッド専門ブランドです。それも布系しか取り扱っていないところにこだわりを感じます。一般的な布系に加えて、表面をガラスでコーティングしたものなど尖った製品が目立つラインナップとなっています。価格もそれなりといったところでしょうか。ただし、コーティング加工された製品は高性能ですが耐久性に難があるので一般使用には向かないかもしれません。

6. その他メーカー
 当然のことながら、サンワサプライエレコムも大判のマウスパッドを作っています。中にはアルミを蒸着させたものなど、気合いの入った製品もあり覗いてみるとなかなか楽しいです。ただ、如何せんゲーマーに使われることが無いので性能はいまいちよく把握していません。

以下おまけ
A. ゲーマー向けと一般向けとの違い
 一番にはサイズの違いが挙げられますが、意外と無視できないのが耐久性だったりします。何と言ってもゲーマーの人たちはマウスを酷使するので。一部、表面にコーティングが施された製品は長持ちしませんが、総じてゲーマー向けの方が耐久性は高いです。
 もっとも、マウスパッドは基本的に消耗品なのでどれを選んでも段々と滑りは変わっていきます。そういう意味では、戦績を気にする必要が無い一般ユーザーには程ほどに安価な製品の方が向いているとも言えます。

B. メンテナンスを忘れずに
 上述の通りマウスパッドは消耗品なので適度にメンテを施してやったほうが長持ちします。プラ系はさっと表面を拭くだけでOKですが、布系は汗の成分で劣化が進むので定期的に洗うことをオススメします。
 また、シリコンスプレーは滑りを良くするために有効です。逆にシリコン系の滑りは嫌いという人もいますが、特にこだわりが無ければメンテ後に一吹きする習慣をつけるとマウスパッドを長持ちさせることができます。
Tags: マウスパッド
コメントの投稿