筆者はただいま絶賛アメリカなうです。出発前は馴染めるのかそれなりに不安でしたが、一週間もするとずいぶんと快適に過ごせるものですね。思いのほか食事もいける上に、一番懸念していた乾燥した気候も案外問題なかったりします。

float解除
 さて、渡米前にはいろいろと準備したものですが、そのひとつが以前紹介した白Derbyのオールソール交換です。消耗だけを見ればヒールの補修だけで済む段階で、まだオールソールには早い状態でしたが少なくとも一年は日本に戻ってこないことと、あまりにも摩耗の激しいブリックソールでの渡米に不安があったので思い切って交換しました。
 今回は耐久性に定評のあるビブラムソールです。オリジナルと同じレンガ色で、かの有名なダイナイトと同じパターンのものです。もともとのやわらかいEVAソールでは一枚間に挟まっていましたが、多少なりとも軽くなることを期待してシングルソールで仕上げてもらいました。ヒールはそのままでは低いのでレザーが積んであります。
 肝心の歩き心地は、がらりと変わってこれはこれで気に入っています。元々がかなり柔らかいので初めこそ感触の違いに戸惑いましたが、慣れてからは特に違和感もありません。独特のパターンが入っているので一般的な平らな靴底とは異なる感覚ですが、なるほどよく考えられていることがわかります。抜群のグリップを発揮するのでどんな路面でも安心して歩くことができます。

 そんなわけで、アメリカにいる間はこの子にメインを張ってもらうことになりそうです。もとより晴天用と雨天用に二足しか持ち込んでいないので新規購入しない限りはほぼ毎日履くと思います。一年間無事にもつのか、今からとても楽しみです。
Tags:
コメントの投稿