筆者はファイルサーバーにSolarisマシンを使っていて、RAID Zでプールを構築しているのですが、そのうちのHDDの1台がエラーを吐いて使えなくなりました。2年近く使っているので故障したんだなぁと思い、交換用のHDDを買ったのですが何故か再同期化中にエラーで止まってしまいます。何かと言うと、壊れていたのはHDDではなくてインターフェイスカードの方だったのです。違うSATAコントローラに挿したら無事に修復されました。

 今まで内蔵/拡張含めてSATAコントローラの故障にあったことが無かったのでびっくりしてしまいました。考えてみると壊れたカードは5年以上使っていたので寿命を迎えても不思議は無いのですが。調子が悪いとついついHDDに問題があると思い込んでしまいがちですが、それを動かすコントローラが故障することもあると、改めて認識しておく必要があるようです。
Tags: zfs solaris
コメントの投稿