色合わせに関してはたぶんこれが最終回です。最後はついつい忘れがちなレンダリングインテントの話です。
 カラーマネジメントでは入力と出力の色域が異なる場合、正しい表示になるようにソースの色を変換するわけですが、この時の変換方式がレンダリングインテントです。4つのインテントが存在し、状況に応じて使い分けることになります。

Peceptual(知覚的)
 ソースの色域がモニタの色域よりも広い場合に明度、つまりは明るさを保ちながらソースの色を圧縮する方式です。当然もとよりも狭い色域に押し込められるので彩度は犠牲になりますが、諧調性の破たんが起こりにくいという利点を持っています。
 写真など綺麗なグラデーションが求められる場合で有効です。主に印刷物とのマッチング目的で用いられるのでディスプレイだけの色合わせではあまり使われません。

Satulation(彩度)
 ソースの色域がモニタの色域よりも広い場合に今度は彩度、つまりは鮮やかさを保ちながらソースの色を圧縮する方式です。こちらでは明度が犠牲になりますが、鮮やかな仕上がりとなります。
 図や表といった見やすさが求められる場面で有効です。こちらもやはり印刷物とのマッチング目的で用いられるのでディスプレイだけの色合わせではあまり使われません。

Relative Colorimetric(相対的)
 まずソースとモニタの白色点が違う場合に、ソースの白色点がモニタに合うように調整されます。その上で、ソースの色域がモニタの色域よりも広い場合には色域外の色がカットされ、最も近い色に置き換わります。明度も彩度も犠牲となりますが、色域内の正確性は保証されます。
 直感的でわかりやすい方式で、正確な色を見るには最も有効です。通常はこの方式を使います。

Absolute Colorimetric(絶対的)
 相対的とあまり変わらないのですが、白色点の変換を行いません。そのため白も着色されます。最も正確そうに思える方式ですが、実は最も使用頻度が低いです。モニタ上で印刷物をエミュレートするのに適していますが、通常印刷物とマッチングさせる場合には環境光とモニタ白色点を統一して作業するのでそもそも必要ないです。
 また、代表的なsRGBやAdobe RGBといったICCプロファイルは、もとより状況に応じて白色点をシフトさせながら使うことを前提としています。例えばOSに標準で付属するsRGBとAdobe RGBの白色点は6600K。当然作成したファイルに埋め込まれるプロファイルの白色点も6600Kとなります。仮に絶対的色域変換を行うと、見る側のモニタが6500Kであっても5000Kであっても誤差が生じてしまいます。
Tags: cms
コメントの投稿