キャリブレーションが正しく完了すればそのモニタに応じたプロファイルが作成されます。そのまま適用して終了、でもまあ構わないのですが、折角なのでプロファイルを読み解いてモニタがどんな性能か見てみましょう。
 トーンレスポンスはガンマ2.2に指定して作ってあるので当然それに近似するように調整されています。見るべきは残りのLUT補正値と色域です。

LUT補正値(Calibration curves)
float解除
 こちらは筆者のU2711のLUT補正値です。LUTとはつまり入力信号に対して出力をどうするかを記録してあるデータです。画像を見ると全体的にたわんでいますね。すなわち全域通して要求された入力よりも出力を弱めているということです。ここからわかることは以下の通りです。
  • U2711は全域通して発色が派手
  • 特に中間域で誤差が大きい
  • 青、緑、赤の順番に発色が強い
 一応U2711の名誉のために補足しておくと、綺麗な直線になっていないのは製品が新品ではないからです。経年劣化によってモニタのガンマに誤差が生じるのは一般的なことで、であるからこそキャリブレーションが必要とも言えます。

色域(Gamut)
float解除
 色域はその名の通りモニタが表示できる色の範囲です。何となく広ければ広いほど良いように思ってしまいがちですが、正しくは使用環境に近ければ近いほど理想的です。通常はsRGBで使うのでsRGBになるべく近い方がいいということです。
 dispcalGUIはデフォルトでモニタの色域とsRGBとを比較する表示になっています。カラーがモニタ、内側に見える点線がsRGBです。周りの実線は気にしないでください。U2711は広色域モニタなのでご覧の通りsRGBより遥かに広い色域を持っています。AdobeRGBで使ってこそのモニタだということがわかります。
 もちろん、色空間は三次元的なのでこのような二次元の表示だけで十分に評価することはできません。それでも、大雑把な指標としてモニタの色域を判断する良い材料にはなってくれます。
Tags: cms
コメントの投稿