dispcalGUIを推すついでに、メーカー純正ソフトウェアが意外とダメだという話をしたいと思います。何かと言うと不具合についてです。もちろん不具合のないソフトが殆どでしょうし、あったとしても特定の環境下でのみ発現する場合が多いでしょう。ただ、筆者はどうにもキャリブレータの不具合に当たりやすいようなので紹介したいと思います。

Spyder2
 まずは旧ColorVision社から。その後買収されてSpyder3以降はDatacolor社から出ているので最近のは改善されているとは思いますが、Spyder2の付属ソフトは結構雑でした。
 買ってきたら最初にソフトをインストールするわけですが、日本語を選択すると文章が文字化けします。何かしらランタイムを必要とするのでしょう。ただ、それならばインストーラーに付属させるのが当然だと思うのですが一切ありません。しかも、ネットから入手した最新のアップデータでインストールしても文字化けするので全く修正されていません。まあ、インストールは次へを連打すればいいだけなので実用上問題ないのが救いです。
 二つ目はいちいち出る謎のエラーメッセージです。残念ながらもうソフトを入れてないのでスクリーンショットは撮りませんでしたが、プロファイル作成時はもとより、ProfileChooserでプロファイルを切り替える時にも謎のエラーメッセージがぽんぽん出てきます。XPからVistaを経て7でも使いましたがOSに限らず出続けています。こちらもアップデートしても変わりません。幸いにもエラーメッセージが出ようとも問題なく操作できますし、測定結果も問題ないようなので実害は無さそうですが、精神衛生上非常によろしくないことは言うまでもありません。

ColorMunki Photo
 お次はX-Riteの現行製品。問題の程度で言えばこちらの方が遥かに深刻です。ちなみに、筆者の環境は64bit版Windows7にソフトは最新のバージョン1.1.1です。とりあえずこれを見てください。
float解除
 どちらもデスクトップで使っているモニタを純正ソフトでキャリブレートして作成したプロファイルです。左がプライマリ、右がセカンダリですがどちらもダメでした。何が問題なのかというと、二つのプロファイルとも白色点6500Kに指定して作成したということです。しかし結果は両方とも白色点が5000Kになってしまいました。
 なお、バージョン1.1.1ではターゲットを、固有の白色点(ネイティブ)、D50(5000K)、D55(5500K)、D65(6500)の中から選べるのですが、どれを選んでもプロファイルの白色点が5000Kになります。これはもう致命的と言っていい不具合だと思うのですが、バージョン1.1.1がリリースされたのが2009でそれ以降修正版は出ていません。ちなみに、Macでも試しましたがやはり白色点が5000にされてしまいます。

 ということで、純正ソフトの不具合紹介でした。Spyder2はともかく、ColorMunki Photoは現在のソフトでは使い物になりません。これらに比べるとdispcalGUIの挙動は本当に安定していて、できたプロファイルにも問題は見受けられません。オープンソースとは言え非常に信頼性の高いソフトウェアと言えます。
Tags: cms spyder colormunki
コメントの投稿