カラーマネジメントの呪文"sRGB/6500K/ガンマ2.2"の中で最もユーザーを悩ませるのが6500K、つまりは白色点ではないでしょうか。色温度とも呼ばれる通り、色というものは想定温度によって変化するものです。表示品質の統一を図るために、カラーマネジメントでは白色点を丁寧に扱わなければいけません。
 あいにく白色点を単体で取り扱ってもイマイチわかりづらいのですが、今回はイメージだけ簡単に紹介します。光源やインテントをついでで説明するのは大変なのでまた別の機会に。

sRGB 5000K/6600K/9400K
float解除
 赤が5000K、白が6600K、青が9400Kとなっています。重なりがわかるようにワイヤーフレーム表示にしたらかなり見づらくなってしまいましたが、なんとなく雰囲気はわかるかと思います。温度が高くなるにつれて全体的に青くシフトしていきます。気を付けなければいけないのは、この3つは厳密にはそれぞれ違うプロファイルだということです。
 一般的に入力(ソースに埋め込まれたICC)と出力(ディスプレイのICC)の白色点が一致しない場合、色域変換がかかるので色空間は一つで十分です。白色点の違うsRGBプロファイルをいくつも持っているという方は珍しいのではないでしょうか。とはいえ、ソースに埋め込まれたICCの白色点が違うとインテント次第では出力結果が異なりますので多少は意識してやる必要があります。
 なお、言うまでもないことですがディスプレイICCの白色点は最終的な出力に非常に大きく影響してきます。このページに興味を持つような人にしてみれば当たり前すぎて言うまでもないことなのでしょうが、あなたのディスプレイICCの白色点を正確に把握していますか?
 というのも、筆者はColorMunkiに白色点で悩まされた苦い思い出があるのです。困ったら基本から振り返る姿勢は常に持ってないといけませんね。
Tags: cms カラープロファイル
コメントの投稿