Dell XPS 13の2016年モデルを購入しました。Appleが"新しいiPad"という斬新すぎる製品名を使い始めて以降、他社もマイナーチェンジモデルでは同じ製品名を使う風潮が広まっているようですが、XPS 13も登場以来ずっと同じ名前です。それもInfinityEdgeになる前からXPS 13は存在しているので、買う方にしてみると紛らわしくて仕方ありません。ちなみに、2016年モデルは9360という型番がついています。
 なお、購入の目的は仕事で使うためです。会社から支給されているラップトップもあるのですが、残念ながらポンコツ性能で業務効率が上がらないので、前々から仕事用のマシンが欲しいと思っていました。

 実のところラップトップ購入にあたり、第一候補はLenovoのThinkPad 13でした。低価格のエントリーモデルながらDDR4のメモリスロットを二つ備える稀有な存在で、メモリ32GB構成に出来るパワフルなマシンです。
 ただ、ディスプレイの色域が狭く、sRGBカバー率が約70%にとどまります。ノングレア・フルHD・IPSパネルなのでオフィスワークで不自由することは無いのですが、2016年に買う端末としては少し惜しいです。
 また、M.2でNVMeに対応していないのが残念でなりません。今後の傾向として、M.2 SSDの主流は間違いなくNVMeになっていきます。となると2、3年後にSSDを換装したくなった時にNVMe非対応というのは地味に痛いと感じました。

 XPS自体も、新モデルの登場と共に型落ちになった旧モデルがまだ販売されていて、ちょっとお安く買えるようです。新旧での大きな違いはメモリとWiFiモジュールの二つで、メモリは新モデルから16GB構成を選べるようになりました。メモリはオンボードなので8GBでは困るという場合には新モデル一択です。
 また、WiFiモジュールは新モデルからKillerブランドになりました。主にゲーミングマシンで見かけるKiller NICがウルトラブックに入っているというのは何とも不思議ですが、旧モデルよりもWiFiの受信感度が良くなったのは確かです。Dellということで、Alienware向けにテストしてみたら優秀だったからXPSにも採用したのでしょうか。

 さて、筆者がオーダーしたのは全部入りの最上位構成で、Core i7 + メモリ16GB + ストレージ512GBとなっています。これにディスプレイは3200x1800タッチ液晶が付いてお値段約20万円。ディスプレイはフルHDノンタッチでも十分なのですが、メモリ16GBにするには最上位構成しかありません。また、色もシルバーに限定されてしまいます。

 今回はここまで。使い勝手については追って記事にしたいと思います。

オマケ: LG Gram 15
 家電量販店に実物を触りにいった際に、たまたま置いてあって衝撃を受けたのがLGのGram 15です。存在自体は発表当初から知っていて、レビュー動画なども視聴していたのですが、国内で店頭展示されているとは知りませんでした。とても中身が詰まっているとは思えない重量で、みなさんも見かけたら一度持ってみることをオススメします。
コメントの投稿