また靴ネタです。今回はレッドウィングではなくホーキンスです。実は今月頭にクローンダイクことRW9874を購入しているのでひと月でワークブーツを二足買ったことになるのですが、それぞれ履き分ける前提なので良しとしています。
 そもそも、ホーキンスの方は元々ブーツにするつもりは全く無く、来る冬季に備えて防水仕様の靴を探しに行ったのが始まりでした。ホーキンスブランドにはウォーターテックと呼ばれる防水加工が施されたラインナップがあり、最初はそっちにしようと考えていたのですが価格が1万円ちょっとで少々割高。どうせ1万出すならソール交換できた方が良いだろうということでワークブーツに落ち着きました。


float解除用
 今回購入したのはHL40011という型番で、6インチプレーントゥのタイプです。見た目はまさにレッドウィングに瓜二つで、細部のカラーリングまで含めてかなりレッドウィングを意識したつくりとなっています。正直街中で見かけてもレッドウィングと区別できる自信がありません。それでいて価格はレッドウィングの3分の1ですから、手軽にワークブーツを履いてみたいという人にはぴったりだと思います。なお、1万円でグッドイヤーウェルテッド製法を実現しているという恐ろしい靴で、おそらく市場で最安のグッドイヤー靴かと思われます。

 その見た目ゆえ、レッドウィングのパクりと言われてしまうことの多いホーキンスですが、似ているのはあくまでも外見だけです。ホーキンスは革がとても柔らかく、買ったその日から足にフィットしてくれます。徐々に足に馴染ませるレッドウィングとは対照的で、これまた手軽にワークブーツを楽しむには適しています。インソールも本革ではないのでクッション性に優れています。また、全体の重量が明らかにレッドウィングより軽いというのも利点と言えるでしょう。
 ただ、軽くて柔らかいとなると耐久性が心配になってくるので、そこがレッドウィングとの違いになるのだろうと思います。それでも一般的なスニーカーよりは長持ちするはずですし、グッドイヤーなので当然ソール交換も可能です。もっとも、オールソールする料金で新たに一足買えてしまいますが。

 ちなみに当初の目的通り、この子は雨雪専用にするつもりです。前回紹介した蜜蝋オイルで耐水性を高めながら冬を乗り切りたいと思います。過酷な条件下でどう変化していくのか今から楽しみです。
Tags:
コメントの投稿