Venue 8 Proに限らず、8インチWindowsタブレットが注目を集めている理由の一つに、最新世代のAtomプロセッサーを搭載していることが挙げられます。ご存じのとおり、もともとAtomはネットブックに広く採用されたIntelのローパワー/省エネ型CPUであり、XP時代にはそれなりのシェアを築いていた印象が残っています。筆者の記憶が確かなら、当時Intelの主力モバイルCPUはCoreシリーズに突入していて(Meromあたり?)優れた性能を発揮していましたが、一方でAtomは同クロックのPentium4と同程度とこれまた魅力的なパフォーマンスを有していました。
 ただ、その後OSのアップデートとともに性能不足が目立ち、なおかつ低価格帯にCULVが投入されたこともあってAtomは徐々にフェードアウト。後にシュリンクされたZ2000シリーズがモバイル向けに投入されることになりますが、やはり性能不足は否めずヒットとはなりませんでした。

 歴史の話はさておき、最新世代Atomはモバイル向けの主力にするべくIntelが設計を大きく見直し、22nm FinFETプロセスで製造される文字通り最新のCPUになります。本機に搭載されるAtom Z3740D(Bay Trail/4コア/1.33-1.86GHz)の詳細はIntelのページを見てもらうとして、今回はCore 2 Duo T7250(Merom/2コア/2GHz)搭載のLatitude D630、Core i5 3317U(Ivy Bridge/2コア/1.7-2.6GHz)搭載のIdeaPad Yoga 13とベンチマークスコアを比較していきます。ただ、どのマシンもOSをクリーンインストールしたりということはなく、かつOSも微妙に違うので厳密な性能比較ではなくあくまでも大雑把なものになります。

float解除用
 最初はシングルスレッド性能をみるSunSpiderとSuper PIです。計算完了までの時間を測るテストなので値が低い方が優秀です。なお、SunSpiderは条件を揃えるためにブラウザをFirefox25に統一しています。シングルスレッドはクロックが素直に反映されやすいだけあってブーストの効くi5が圧倒的ですが、C2Dが思いのほかSunSpiderで善戦しています。Atomはi5比で約1/3の性能。

float解除用
 続いてマルチスレッド。ALUは整数+論理計算、FPUは浮動小数点の計算能力をはかるもので、こちらはスコアが高い方が優秀です。ここでは4コアAtomの本領発揮で、FPUでC2Dと同等、ALUでは40%ものアドバンテージを見せました。i5比でも6割程度に食いついています。

float解除用
 最後にグラフィック系。ちなみにLatitude D630に採用されているQuadro NVS 135MはGeForce 8400M GSであり、なんとなく立ち位置も想像できるのではないでしょうか。消費電力を考えるとAtomもかなり頑張ってはいるのですが、やはり3Dゲームは厳しそうな印象。ちはやローリングの結果を見る限りでADVゲームやブラウザゲーは問題なさそうです。コミケのお供にいいかもしれません。

 筆者は先代Z2000シリーズの端末を所有していないので直接比較はできませんでしたが、Bay TrailではCPU性能が2倍に、GPU性能が3倍になっていると言われています。間違いなくIntel史上最も電力効率の良いCPUに仕上がっていることでしょう。そもそも、AtomがHaswellと同じ最新プロセスで作られていること自体が筆者からしてみるとちょっとした感動だったりします。現在、立体的にゲートをくみ上げて3次元トランジスタを出荷しているのはIntel一社のみ。それを手のひらで動かすことにロマンを感じるのであれば間違いなく本機は買いです。もちろん、ロマンのみならず実用的な性能も同時に手に入ることでしょう。
Tags: venue
コメントの投稿