2015.05.04 15:30 (GMT+9)
Category:オーディオ

float解除用
 普段は意識しないで使っていても、いざ壊れると困るものは少なくありませんが、筆者は最近ヘッドセットが壊れました。もともと使っていたのはSonyのDR-GA200というもう廃番になっている製品で、イヤーパッドがボロボロになってしまいました。電気的には問題ないので、頑張れば補修できそうな気もするのですが、とはいえ手元にヘッドセットが無いと不便ということで新たに購入したのがLogicoolのG230です。

 そもそもなぜヘッドセットが必要かというと、筆者の場合はもっぱらSkype専用です。そのため基本的には相手の声が聞こえて自分の声が届けば問題ありません。そういう意味ではわざわざゲーミングヘッドセットを選ぶ必要性は低いのですが、時々長時間にわたって通話することがあり、付け心地を重視してヘッドセットを選んできました。

1. 付け心地
 その気になる付け心地はなかなかに良好だと感じました。イヤーパッドに厚みがあり、耳がドライバーにあたることがありません。以前カップが浅いものを買ってしまったことがあり、そのときは装着して30分もしないうちに耳が痛くなる体験をしたものですが、G230ではそういうことはなく快適に使えます。密閉型なのでオープンエアに比べるとムレに対しては不利ですが、特別気になるということはありません。
 重量も大きさの割には軽い方だと思います。まだ数時間使用しただけですが、はっきりと頭頂部が痛くなることもありません。ゲーミング用と謳っているだけあって、元々長時間利用を想定して設計されているはずなので今後期待に応えてくれると信じています。

2. 音質
 あまり特筆すべきこともないのですが、ゲーミング用らしく低音が強めに出ます。解像度はまあまあ。値段を考えると総じて優秀だと思います。Razer Surroundと併用すれば本来の用途であるゲームにおいても活躍してくれるはずです。
 まだのんびりエージングさせているところですが、上流がしっかりしていれば意外と音楽用にもいける気がしています。筆者はDragonFlyからの直結で使っていますが、普段YouTubeでBGMを流す層であれば自信を持ってお勧めできるクオリティが出ています。ロスレスでWASAPIで云々というガチな人たちにはそもそもジャンル違いの製品ですが、四六時中高品質音源だけを再生するわけでは無いでしょうから、ウェブラジオなどの圧縮音源を聞くおもちゃとして買ってみてもいいかもしれません。
 なお、テクニカルな話をすると、本製品は40mmドライバーを採用しています。感度は90dB/mWと少し低め、インピーダンスは32ohm、帯域は20-20kHzとなっています。残念な点としては、ヘッドセットらしく音量調整ツマミが直結でついているため、素の状態よりもかなり音質は劣化していると思われます。

3. メンテナンス
 G230の最大の特徴はイヤーパッドを取り外して水洗いできることです。実際には殆どのヘッドホンのイヤーパッドは水洗いできるのですが、障害となるのは取り外すまでの手間です。その点G230であれば簡単に取り外し可能なので常に清潔に保ったまま使用できます。メーカーによるとイヤーパッドを覆う布の耐久性にもこだわっているらしいので、長持ちしてくれることに期待です。

まとめ
 実はG230に関して筆者が一番関心したのは外箱の大きさだったりします。通販で購入したのですが、値段からは考えにくい大きな箱が来てびっくりしました。もちろんエンクロージャーにしてもドライバーにしても高価な素材が使われているわけではないのでしょうが、その代り細部にわたって贅沢に仕上げられている点は非常に好印象です。
 事実、音質にしてもつくりにしてもコストパフォーマンスは非常に高い製品だと感じました。とりあえずヘッドセットが欲しいという人はもとより、手頃なヘッドホンが欲しいという人にもお勧めできると思います。
Tags: headphone