2014.11.19 16:54 (GMT+9)
Category:未分類

float解除用
 しばらく前に筆者が米国でNexus 4を使っているという話をしましたが、その後日本に戻ってからはHTCのOne(M7)も持ち歩くようになりました。今はもっぱら通話用のNexus 4とデータSIMを挿したOneの二台持ちです。
 そのHTC One自体は昨年頭の端末で、すっかりレビューも出尽くした感はありますが、筆者が半年ほど使ってきた印象をまとめてみたいと思います。

1. デザイン、質感
 ご存じのとおり、本機はアルミ主体のデザインで華々しく登場した端末です。実機を触る前から美しい端末だという印象を持っていましたが、それは手元に来てからも変わりません。一方で、一部からは工作精度が低いという声も挙がっていて、確かに細かい部分での詰めの甘さは感じます。パーツ同士がピタリと噛み合っているとは言い難いです。全体のクオリティは格下のNexus 4に劣る程度だと思います。HTCもこの問題を十分に認識していたようで、後継のM8は精度の高い端末に仕上がっていますが、少なくともM7はそこそこのレベルです。
 また、筆者の想像以上にアルミボディは曲者でした。Nexus 4程ではないものの、とても滑りやすく取扱いには注意が必要です。加えて、机などの固い面においた時の接触音が心なしか高めでボディが痛まないか心配になってきます。結局筆者はそれらに耐えかねてカバーを付けてしまいました。

2. 性能
 本機はSnapdragon 600世代の端末で、大ざっぱに言うとNexus 4と5の中間ぐらいの性能です。そもそもNexus 4の時点で殆ど性能面に不満は無かったのでOneに対しても基本的には同様です。ただ、フルHDを扱うにはGPUが少々貧弱な様で、画面切り替えで引っ掛かりを感じる場面が時々あります。469ppiのディスプレイは確かに非常に素晴らしいのですが、パフォーマンス低下とバッテリー消費のことを考えると720pでも良かったのかなと思ってしまいます。
 バッテリーの持ちはそれなりで、時々のメールやLINEに加えて3時間程度ウェブサーフィンする使い方で大体1日持ちます。その高い解像度に加えて筆者は明るい画面を好むので、画面点灯時はがりがりバッテリーが無くなっていきますが、これはどの端末でも変わりません。

3. カスタマイズ
 筆者の持つOneは米国で売られているバージョンなのでカスタムROMの開発が比較的盛んに行われています。筆者はROMにParanoidAndroid 4.43、カーネルにAGK Kernel 1.3を組み合わせて使っています。こうした自由度の高さはガラパゴス端末にはない海外端末の大きな魅力となります。ただし、OCNのSIMを挿したところLTEには繋がりませんでした。3Gだけでも筆者の使い方では問題になりませんが、これから海外端末を入手しようと考えている方は対応周波数に気を付けてください。

まとめ
 本機は一年以上前のフラグシップ機ということで、手放しに褒められる端末ではありません。上では触れませんでしたが、ナビゲーションバーが戻るとホームだけだったり、カメラが変則的だったりと変態度も決して低くない尖った端末だったりします。ただ、それらを差し引いても使ってみたくなるぐらいには素敵な見た目を有しているというのもまた事実です。話の種として人に魅せるには最適かもしれません。
Tags: android