Windows 8の発売を2日後に控え、PC業界も段々とざわついてきました。新OS、こと新Windowsの発売前には常にそれらしい"空気"というものがありましたが、今回は久しぶりにインターフェイスが刷新されるということで、特に注目度が高いように思えます。筆者も例に漏れず新OSの発売を非常に楽しみにしています。
 言うまでもなく、関心を集めているのはタッチ操作に最適化されたModernUIです。Windowsにとって、そしてPC全体にとっても新しい試みだからです。そして、いつもならRMTがリリースされた時点でそのOSに対する評価は殆ど決まっているものですが、今回ばかりは各方面とも慎重な意見が多いように思います。かつてVistaを「重い」の一言で片づけた人たちも、ModernUIの評価は難しいようです。
 ちなみに、筆者にとっては、近年のWindowsで発売日前にRMTを試さなかったのは今回が初めてだったりします。なので現時点では印象もなにも無いのですが、予想としてはModernUIになってもそこはWindows、デスクトップモードがある以上さして実用性は変わらないんじゃないかと思っています。Yogaが届いたらいろいろ試すことが多そうです。

 さて、本来であれば触ったことのないOSについてあれこれ言っても仕方がないのですが、今回はメディアではあまり大きく扱われない新機能の一つ、記憶域プールについて触れたいと思います。前述の通りUIの変更にばかり注目が集まるWindows 8ですが、実はいろいろと中身が進化していて、中でも一部ユーザーには非常に”刺さる”であろう新機能が記憶域プールです。個人的には、これだけでWindows 8の購入が約束されていると言っても過言ではないくらいの目玉機能でもあります。
 なお、なかなかにマニアックな機能なので今回は詳細な説明はしていません。いずれまた詳しく説明する機会を設けたいとは思いますが、今回は概要だけをざっくりとなぞっています。

 中身に移る前に単語の話から始めたいと思います。この機能、英語では「Storage Space」という表現が用いられていますが、「記憶域プール」や「記憶域」と訳されているようです。Microsoftはブログで後者を使っているのですが、強調無しで文章に紛れ込んだときにわかりづらいため、誰かが前者を考え出したのでしょう。個人的にはそのまま「ストレージスペース」がベストだと思うのですが、芸がないということでしょうか。とりあえず、本稿では記憶域プールという表現を用いていきます。
 その内容ですが、ざっくり言うと仮想化ストレージです。今までもいくつかWindowsで使える仮想化ストレージソリューションはありましたが、記憶域プールはそれらとは一線を画す、非常にリッチな機能に仕上がっています。具体的には、代表的な仮想化ストレージであるZFSに近い使い勝手となります。
 仕組みとしては、物理ディスクで構築されたストレージプール上にスペースと呼ばれる論理ディスクを作成して運用します。これだけ聞くとZFSと同じですが、もちろん違いもあります。

1. Windows 8で使える
 当たり前とはいえ、最大の特徴は何と言ってもこれでしょう。ZFSはMacOSや一部Linuxでもサポートされていますが、その殆どはSolarisで運用されているかと思います。個人的にSolarisは大好きで、とても優秀なOSだとは思うのですが、ハードウェアサポートはかなり限定的と言わざるを得ません。優秀なZFS、しかしそれを動かすためのハードウェアを揃えるのはひと手間かかるものです。
 しかし、Windows 8ならそんな心配はいりません。豊富なハードウェア資源が既にあり、今後も増え続けていくでしょう。NICのドライバ探しに苦労することは無いのです。また、Windows ServerだけではなくWindows 8にも搭載されている点は大きく評価したいところです。これにより多くの人が安く、手軽に試せるものとなりました。

2. 冗長化へのアプローチ
 大容量ストレージを扱う上で最も大切なことは冗長化ですが、もちろん記憶域プールでも可能です。ただし、設計がZFSとは大きく異なります。
 ZFSではストレージプールを冗長化するアプローチがとられています。物理ディスクをプールに追加する際にミラーリングやストライピングを設定して組み込みます。これによってRAID-ZとRAID-Z2という魅力的なオプションが使用可能となりますが、プールを拡張する際には同じ冗長度のディスク群を追加する必要があります。例えばRAID-Z2で構築されているプールにRAID-Zでディスクを追加してしまうと、全体の信頼性はRAID-Z相当に落ちてしまいます。同じ信頼性を保つにはRAID-Z2か3-wayミラーが要求されるので最低でも3台同時に物理ディスクを足す必要が出てきます。
 これに対して、記憶域プールではスペースを冗長化しています。スペース毎に2-wayミラー、3-wayミラー、パリティ、あるいは冗長化無しを選択できます。これによって、同じプールから信頼性の異なるスペースを切りだせるわけです。RAID-Z2の様な2台パリティの構成は選べませんが、代わりに拡張は手軽にできます。スペースがどのオプションを使っていようとも、プールの空き容量が少なくなってきたらディスクを足せばあとはシステムが自動的にうまく使ってくれます。おそらくRAID-Zに比べるとこちらのパリティの容量効率は低いと思いますが、個人利用での小規模なシステムでは手軽な拡張性の方がより魅力的です。

3. リムーバブルドライブはNG
 この記憶域プール、仮想化ストレージらしく物理ディスクの接続方式を殆ど問わない仕様になっていますが、リムーバブルドライブだけは使用できません。つまりUSBメモリはダメということです。ZFSではUSBメモリも使えるので複数本刺して遊べるのですが、記憶域プールでは不可能です。
 大容量ストレージという観点から見れば、USBメモリを使えないことは別段大きな問題にはならないと思います。ただ、手軽さはやはり失われてしまいます。ハブに32GBのUSBメモリを6本差して簡易冗長化ストレージにする、なんていかにも楽しそうですが残念ながらできません。

4. キャッシュドライブは使えない
 ZFSではプールにキャッシュドライブを割り当てることができます。特に大規模なRAID-Zになるとパリティ生成によるパフォーマンスの低下が深刻となりますが、キャッシュとして高速なSSDを用いるなどしてこれを改善することが可能です。しかし、記憶域プールではこれはできません。読み込みはともかく、書き込みはキャッシュありZFSと比べると不利になりそうです。将来的に拡張されることに期待です。

5. ブート不可
 残念ながらOSも含めての冗長化はできません。ただ、ZFSも初めブート不可だったのが後に可能となったので、こちらも今後の拡張に期待です。

6. ブロックレベルチェックサムは無い?
 ZFSの信頼性を確かなものとしている機能の一つがブロックレベルでのエラー訂正です。ざっとネット上の記事を読んだ限りでは記憶域プールにこの機能はありません。なので記憶域プール単体での信頼性はZFSに劣るかと思われます。ただし、Windowsでは次のReFSが控えているので将来的には遜色ない信頼性が得られるでしょう。

 以上、気になるポイントだけ並べてみました。まだ新しい技術なのでいくつか不便な点もありますが、総じて使い勝手は良さそうだなというのが印象です。同時に、今後の拡張が楽しみでもあります。
 これまではストレージというとZFSが群を抜いて使いやすく、他に安価な選択肢がない状況でしたが、Windows 8の登場によって誰でも手軽に高可用性ストレージが運用できるようになるのかと思うと、感慨深いものがありますね。
Tags: windows8 記憶域プール
 みなさん注目のAppleイベントが本日開催され、色々と新製品が発表されました。基本的には大方の予想を裏切らないラインナップといえるのではないでしょうか。

MacBook Pro w/ Retina 13-inch
 かねてより情報がリークされていたとは言え、ようやく出たかという感じです。15インチモデルと比較すると、ディスプレイの他に、CPUが4コア→2コア、dGPUが無くなっていたりとサイズ相応にスペックダウンしています。
 その分、重量と価格は下がりました。さすがにAirとは比べられないものの、1.6kgであれば個人的には持ち歩いてもいいかなと思いますし、通常電圧版のCPU+8GBメモリで快適な動作が期待できます。ただ、例のごとくAirチックな作りで、自分でメモリを16GBまで増設できた通常版MBPに比べると物足りない感はあります。あとは言うまでもなく$1700に設定された価格がネックでしょうか。
 ユーザー層を考えると、注目すべきは小さくなったディスプレイの色再現性となりますが、こればかりは実機で測定してみないとわかりません。その結果次第で食指が動くカメラマンも多いように思います。もっとも、熱狂的なファンは既にポチっているのでしょうね。
 ちなみに、実は小さい分精細度は227ppiと、15インチモデルの220ppiよりも高かったりします。ただ、Retinaだから精細度が圧倒的、と言えるほど数字上のインパクトがあるわけではありません。対岸のWindows界では11.6型フルHD(190ppi)はもはや珍しくありませんし、Microsoft自ら10.6型フルHD(208ppi)のSurface Proを計画しています。解像度は確かに数字的なインパクトも大きいですが、実質的な作業領域はさして増えないという事実を無視することはできません。今後Retinaブランドを展開する上では、優れた色再現性の実現が特に大事になってくるように思います。

iPad mini
 こちらも予想を裏切らない仕上がりでの登場となりました。まさに、小さくなったiPad 2です。LTEへの対応や刷新されたコネクタなど変更点はいくつかありますが、基本的に中身はiPad 2です。
 個人的には、miniと呼ぶほど小さくはないなという印象です。他のiPadとアプリを共にするわけですから、小さくし過ぎると操作性に難が出るのは容易に想像がつくわけですが、なんとか片手に収まるサイズにはなりました。サイズが小さくなった分、使用時のユーザーとの距離は縮まり、それでUIのサイズ差を吸収するという設計でしょうね。
 ただし、後方互換性のために解像度を1024x768にせざるを得なかったのは痛手となりました。精細度が163ppiと、名指しでライバルに挙げていたNexus 7の216ppiに大きく劣ります。その代わりに、薄さと重量で勝る仕上がりにはなりましたが、果たしてそれらがどれほどの効果を持つのかは何とも言えないところです。
 また、一番下が$329という価格設定も相当に強気だと言えます。それだけブランド力に自信がある現れだとは思いますが、スペック相応の値段とは言いにくいものがあります。もっとも、Appleは基本的にユーザー経験を訴えているわけで、単純にiPadより$170も安い弟分としてみれば決して悪くはありません。

ライバルたちは?
 さて、26日はWindows 8の発売日です。Microsoft含め、多くのベンダーは既にスタートダッシュ用の機種を既に発表しているので発売日に新製品発表はおそらく無いでしょう。Microsoftから7インチタブレットが出てきたら非常に面白いとは思いますが、まさか・・ね。
 そして、29日はGoogleのターンです。今回はスマホの方の新Nexusお披露目という話ですが、ほぼ間違いなくNexus 7の価格改定が発表されるかと思います。iPad mini、そしてSurfaceをいかに迎え撃つのか楽しみなところです。また、ようやく日の目を見そうなChromebookの存在も忘れていはいけません。こちらは間違いなくWindows RTと正面からぶつかるだけに、今後の展開は要注目です。
Tags: apple
2012.10.20 15:01 (GMT+9)
Category:PC
 Windows 8の発売を間近に控え、スケジュール通り各社ともオーダーができる状態となりました。今回はUIががらりと変わるということで、クラムシェルにするのかハイブリッドにするのか、ハイブリッドにするとしてもどの方式でいくのか、などなど機種を選択する上で悩ましい点が多々あります。筆者はというと、気分はすっかりYogaだったりします。

x86 vs RT
 Windows 8では新たにARMプロセッサに対応したWindows RTがラインナップに加わります。そのため、そもそもプラットフォームをどうするのかを考える必要が出てきます。ただ、RTはこれからのプラットフォームなので、いわゆるガジェットとしてならともかく、即戦力が欲しい場合には自ずと選択肢から外れてきます。

IvyBridge vs Atom
 次に考えるのはマシンパワーでしょうか。超低電圧版IvyBridgeか、それともARMに匹敵する省電力性能を誇るAtomにするか、選択肢は二つあります。前者はUltrabookでそれなりのパフォーマンスが得られますがやや高価です。対するAtomは少し前にはやったネットブックの後継で、演算能力で劣る代わりに駆動時間では非常に有利です。

個人的には
 実は既に候補は挙がっていて、たぶんYoga 13を注文します。筆者の用途に、Atomの性能は絶望的と言わざるを得ません。以前も触れましたが、Atomではどうしても最大2GBまでというメモリがネックになるので、かなり使い方が制限されてしまいます。母艦とのやりとりを考えると、USB3.0が無いのも大きな痛手です。

IdeaPad Yoga 13
 どうしてYogaなのかというと、決めてはバランスの良さです。13.3インチ、16.9mm、1.54kg、8時間駆動とUltrabokとしてはありきたりな数値が並んでいますが、逆に言えば無理をしていない構成であり無難ということでもあります。
 解像度1600x900(138ppi)のIPS液晶はYogaの大きな魅力です。IPS液晶の利点は説明するまでもないと思いますが、個人的には精細度も丁度よく感じます。今使っている15.6インチでフルHDな液晶が141ppiで、これ以上細かいとスケーリング必須かなという感じですが、Yogaならスケーリング無しでも使えます。
 その他では、クルっと360度回るヒンジもポイントでしょうか。非常にシンプルですが、キーボード利用時はモニタを好きな角度に調整できて、使わない時はスタンドにできるというのは便利そうです。ヒンジに関しては"ほぼ"ThinkPadな25000回のテストを重ねているそうで、耐久性にも期待できます。
 Yogaに限らず、一体型ハイブリッド機はタブレットとしては重たいという弱点がありますが、経験上キーボードを外さないというのは利点にもなります。というのも、セパレートでは逆に"分離"させないといけないからです。タブレットだけを持ち歩くなら話は別ですが、ドッキングさせたまま鞄に入れておいて、さあタブレットとして使おうというときにはキーボードユニットの扱いに困ってしまいます。鞄に放り込むには、いささかコネクタ部の破損が怖いので。キーボード利用が多いユーザーには一体型が向いていると言えるでしょう。

競合たち
  • ThinkPad X1 Carbon
  • 少し手を伸ばすと親戚が見えてくるところですが、モニタはYogaに分があります。また、メモリ8GBにしようとするとX1 Carbonは$1500となかなかいい値段になってしまいます。Yogaはi5+8GBで$1100。
  • VAIO Duo 11
  • 話題のスライド式は携帯性とフルHD液晶が魅力的ですが、ヒンジの調整が利かない点は大きなマイナスとなります。また、こちらもメモリ8GBにすると$1500とやはり高額。
  • LaVie Z
  • Yogaの実に6割程度と驚異的に軽いZ、というか現時点で世界最軽量だった気がしますが、メモリ4GB固定と平らなキートップで真っ先に候補から外した機種でもあります。良くも悪くも日本向けですね。
  • Let's note AX
  • メモリ8GBにしたら軽くYogaの二倍以上の値段で、もはや競合とは言えないかもしれません。

実はかなり完成度が高い?
 ついつい特徴的なヒンジに目が行くYoga 13ですが、普通のUltrabookとして見ても完成度は高いと思います。重量は気になりますが、タッチパッド搭載とそれに伴う画面の強化を考えると仕方のないところでしょうか。画面が綺麗で、ヒンジの可動域が大きく、実用的な性能で、外に持ち出せて、普通に使えるマシンにようやく巡り会えそうです。
 ただ、クレジットカードの限度額という情けない理由で購入するのは来月になります。前もって計画しておけという話ですよね。まあ、その間にレビューも出そろうでしょうし、もしかしたら今はまだラインナップに無いオレンジが選べるようになっているかもしれません。
Tags: ultrabook yoga