2014.02.09 13:05 (GMT+9)
Category:Android
 唐突ですが、筆者がいま使っている携帯はLG/GoogleのNexus 4(8GBモデル)です。米国のPlayストアから購入したもので、その時は$300でしたが後に値下げされて$200になりました。キャリア契約を必要としないUnlocked、いわゆるSIMフリー端末としては破格の値段が話題になったことは記憶に新しいところです。
 スペックに目を向けると、4コアSnapdragon S4 Pro、2GB RAM、720pディスプレイ、8MPカメラ、など発売当時としてはなかなかのハイエンド構成でした。既に後継のNexus 5が登場していますが、まだまだ十分現役で活躍できる端末でもあります。何よりもメモリを2GB備えているというのは大きなポイントとなっています。
 とはいえ完全無欠ではなく、LTEがない、SDスロットがない等気になる点もあります。それでも、筆者の中では使い始めから今に至るまで一貫して非常に高い評価を受けている端末です。ちなみに、日本でも発売されましたが、5万円近い値段がつけられていたため全くといって言いほど普及しませんでした。

 ただ、スペック以上にNexus 4の価値を高めているのはその開発機としての性質です。Google謹製のリファレンス機として多くのアプリの動作検証に使われているため相性問題が殆ど発生しません。また、xdaのフォーラムを覗くと一目瞭然なように、世界中のデベロッパーによるカスタムROMが豊富に存在しています。特にカスタムROMの存在は使い勝手に直結する部分で、一度体験してしまうと元には戻れません。
 実のところ、Nexus 4を使い始めてから改めて日本のガラパゴス現象を意識するようになりました。表面上はAndroidが広く普及するようにはなりましたが、出回っているデバイスはいつまでも経っても日本独自仕様で溢れています。そうなるとそもそもxdaにフォーラムが無いということがざらで、CyanogenModすら満足に探せないということになりかねません。長く使う前提で、帰国前にハイエンド機を新調すべきか悩んでしまうくらいには、日本市場のラインナップに不満を感じてしまいます。

 おまけ。Nexus 4は両面ガラスの美しい端末ですが、よく滑ることでも有名です。実際に使ってみると、一般的に接地側となる裏面はつるつるで、誇張でもなんでもなく本当にとてもよく滑ります。そこで、Skinomiの保護フィルムの裏面だけ貼り付けて滑り止めとしました。黒いボディにカーボン調のフィルムがよく馴染んでくれます。

float解除用
Tags: android
2013.03.16 02:33 (GMT+9)
Category:Android
 日本時間で15日、こちら米国では14日にサムスンの新製品発表会が行われました。そこで大々的な登場したGalaxy S 4について、あっさりとですが筆者の印象をまとめてみました。
 ちなみに、筆者は少し前からNexus 4をメインに使っているので、一応Androidユーザーの一員としての感想となります。

1. デザイン
 近年では性能以上に重視されるのが本体デザインです。S4では少し表面処理が変わりましたが、基本的にはS3から殆ど変っていません。変わればいいというものではないとは言え、先代そっくりな見た目は少なからずガッカリ感に繋がっているようです。こと米国メディアでは否定的な意見が目立ちます。
 個人的にも、デザインはもう少しどうにかなったのではないかと考えてしまいます。もともとS3がハイエンド機の中ではパッとしない見た目で、改善を望む声も多かったのではと思うのですが相変わらずの仕上がりとなりました。直接の競合になりそうなHTC OneやXperia Zに比べるとかなり見劣りしてしまいます。今挙げた二つはそれぞれ金属とガラスという高級(そうな)素材を前面に押し出したもので、メーカーを代表するフラグシップに相応しい高級感を帯びていますが、残念ながらS4にはそれがありません。ポリカーボネートならポリカーボネートで上手く使ってほしかったところです。

2. 性能
 見た目はともかく、Galaxyの真価は見た目ではなくその中身です。いつも通り地域によって提供されるモデルが異なりますが、ここでは目玉のExynos 5 Octaに注目したいと思います。
 その前に、基本的なところでは2GB RAM、フルHDディスプレイ(OLED)、13MPカメラ、802.11acなど現行機に相応しいポイントはしっかりと押さえられています。今となってはどれもお馴染みになりましたが、これらをばっちり備えていることは歓迎すべきでしょう。
 さて、肝心のCPUに移りましょう。その名称から勘違いされがちですが、Exynos 5 Octaは8コアではなく、4+4コアのCPUです。物理的に8コア備えていることは間違いないのですが、うち4つはパフォーマンス用、残り4つが省電力用となっています。大事なことは、8コア同時に動作することは無い、という点でありピーク性能はあくまでも4コアCPUのそれになります。
 はっきり言ってしまうと、筆者はこの構成をとても不思議に思っています。確かに話題性という点では優れたCPUですが、中身はTegraの4+1コアと大差ないわけです。そして、Nvidiaがコンパニオンコアと呼ぶ省電力用のサブセットに、果たして4コアも充てる必要があったのか理解に苦しむところです。まあ、一番気に入らないのは本CPUにオクタという名前が冠されていることですが。
 ただ、実際の性能はまだ明らかになっていないので楽しみなところではあります。ピーク性能もそうですが、省電力側のワットパフォーマンスにも注目が集まります。あとは、近々出てくるSnapdragon 800やTegra 4を相手にどういう戦いを展開していくのか見守りたいと思います。

 まとめると、先代よりもパッとしない端末だなというのが素直な印象です。発表会ではソフトウェアが大きく扱われていましたが、目新しいものはありませんでした。総じてS4ならではの特徴に欠けていたように思います。余談になりますが、S3のときはまだ4コアCPUも2GB RAMも珍しく、スペック派を大いに惹きつけるものがありました。流石に8コアにするのは難しいのでしょうが、仮に4GB RAMを積んできたならもう少し面白い端末になったかもしれません。
Tags: android
2013.02.05 12:29 (GMT+9)
Category:Android

float解除用
 久々にTF101ネタです。

 昨年11月にrootを取得してオーバークロックまでしたTF101、しばらくは使い勝手を探ろうとちまちまと触っていたのですが、Yoga13が来てからはめっきりいじらなくなっていました。まあ使い勝手の差は歴然であり、十分予測できたことなので仕方のないところですね。
 そうして最近まで放置されてたTF101ですが、久々に電源を入れたら何故か内蔵ストレージの残量が少ないという警告が。設定メニューから見ると確かに残量が無くアプリのアップデートをする余裕もありません。きっと悪さをしているアプリが居たんだろうとは思いますが、修復するのも面倒になりリセットする方向で考えていた時に、ふとJelly BeanことAndroid 4.1にしてみようかと思い立ったわけです。

 なお、TF101は公式にはAndroid 4.0までしかアップデータが提供されていないので4.1以降に入れ替えたい場合はカスタムROMの利用が必須です。筆者の端末は既にroot取得済みだったのでClockworkMod Recoveryでサクッと書き換えました。

 肝心のROMですが、最初は無難にCyanogenModでもと考えていたものの、残念ながら公式のStableビルドはCM9(Android 4.0ベース)で止まっています。仕方がないので、比較的評判が良さげなGierdo's Nightly Buildsを選択しました。こちらは目的通りCM10(Android 4.1ベース)です。
 それから、カスタムROMを導入する場合はgappsも一緒に入れないといけません。これはAndroidにプリインストールされているGoogle製アプリをまとめたパッケージで、無いとかなり困るPlayストアも含まれています。

 さて、4.1で起動してみると明らかにレスポンスが良くなっています。特にアニメーションの滑らかさは顕著で、定格の1GHz時でかつての1.6GHzOCよりもスムーズに描画されることが実感できます。ようやくUIに不満を感じなくなったと言って構わないでしょう。ハードウェアはずっと変わりませんが、最初にやってきた時とはまるで違うデバイスに進化しました。もっとも、UIに関しては4.1でようやく競合と同じ土俵に立ったと言うこともできます。

 ただし、非公式のカスタムROMなので良いことばかりではありません。ひとつは単純に安定性が下がりました。結構筐体にもガタがきてるようで、ROMのせいだけではないのでしょうが、時々サウンド出力が無くなったり、勝手に再起動したり、勝手に画面が消えてはしばらくつかなかったりすることがまま見受けられます。勿論調子が良い時も沢山あるのですが、こまめに再起動してやるのがすっかり習慣となりました。
 もうひとつ、こちらはカスタムROM特有の問題です。元々TF101はexFATに対応していて、筆者はexFATでフォーマットしていたmicroSDを使っていました。ところが、今回入れたカスタムROMは残念ながらexFATに非対応だったのです。そのため、挿してもマウントされず、挙句再フォーマットを要求され中身を全部失うはめになりました。普段意識しないところなので十分に気を付けてください。

 とまあ非公式ゆえのデメリットも付きまとってきますが、それらを差し引いても4.0から4.1にする価値は十二分にあったと思います。少なくとも、朝天気を調べるときに自然と手に取るようにはなりました。もとより重たい作業に不向きだとはわかりきっているので、ちょっとしたことを軽快にこなしてこそのタブレットです。4.1はまさにそのためのアップデートです。
 逆に、これからAndroidデバイスを買う時には、4.0以下搭載のものを選んではいけません。

 さて、手に入れて以来少しずつ進化していったTF101ですが、個人的にはそろそろネタも尽きて来たかなと思っています。公式アップデートはもはや期待できませんし、カスタムROMにしてもこれ以上のレスポンスの向上は望めないでしょう。既に4コアが標準となりつつある中で、Tegra2では流石に苦しくなってきました。筆者としては次のタブレットに乗り換えようかなと考えているところです。それでも、TF101には長期間に渡って本当に楽しませてもらったなと思います。後継が来るまでは、せめて普通に使ってあげるつもりです。
Tags: tf101 android