Windows 8の発売日前にオーダーして、発送まで4週間以上と書かれていたYogaがようやく届きました。まあ結構かかりましたが、実際には注文から4週間以内に手元に来ているのでスムーズに届いたと思います。なんでも品薄のせいで日本では発売日が延期になったという話ですが、ここアメリカでも例えばBestBuyのオンラインストアではしばらく売り切れが続いているので確かに人気なのでしょう。とはいえ、店頭に行けば置いてあるみたいで欲しいのに手に入らないというわけではなさそうです。
 ならどうしてわざわざLenovoで頼んだのかというと、Ultrabookなのでてっきりメモリが増設できないものだと思っていたためです。オーダーそのものはBestBuyの方が早かったのですがメモリ8GBが選べなかったので仕方なくLenovoで注文したというわけです。蓋を開けてみたらユーザーによる増設も可能なようで・・まあ手元にあるので気にしないことにしています。


float解除用
 普段はUnboxingなんて記録しないのですが感謝祭前に届いたのが嬉しすぎて思わずパシャリとしています。箱の中から箱といういつものLenovoらしい梱包に、内箱のつくりは兄貴分にあたるU300sにそっくりです。


float解除用
 Ultrabookということでおなじみのシールももちろん貼ってあります。その日のうちに剥がしましたが。手の触れるパームレストにシールというのはどう考えても間違っていると思うのですが店頭展示を考えてのことでしょうか。せっかくかっこいいのだから筐体底面にあったら残すのに勿体ないものです。
 また、写真ではちょっとわかりづらいですが、パームレスト部はレザー調の仕上げとなっています。不思議な柔らかさのある素材が使われていて、高級感があるとともに肌触りも非常に良好です。耐久性はまだわかりませんが、このパームレストだけで買って良かったなと思わせてくれます。
 キーボードの方はLenovoにしては平凡な出来で、残念ながら特別すごいということはありません。それでも、ストローク、感触、形状ともに及第点を満たしているのでUltrabookとして見たときに不満はありません。キートップをほんのわずかに湾曲させたクレイドルスタイルはもちろん本機でも採用されています。人によってはキーボードユニットのたわみが気になるかと思いますが、ちょっと弱いかなと思うのは一番上のファンクションキーの段だけで、それ以外はいたって頑丈です。一部海外のレビューサイトではバックスペースが小さいという意見がありましたが、日本語配列に慣れた身からすると全く気になりません。ただ、英語配列のままでは使いづらいのでCapsLkに全角半角を入れて、代わりにCapsはScrLkに振っています。

 本機の特徴はハイブリッド機たることですが、そのためにダブルヒンジとIPSパネルが使われています。ヒンジの方がよく注目されますが、クラムシェルで使う時には後者の品質も気になるところです。ということで測ってみました。測色計にはSpyder4を使っています。

float解除用
 輝度は最大で250cd/m^2以上あり十分な明るさを持っています。最近は300cd以上を謳う製品もあるのでインパクトは感じませんが、殆どの場面で困ることはないでしょう。ただし、ご覧の通り色域は狭いので、あくまでも視認性を上げるためにIPSパネルを採用したのだと思われます。まあ、ラップトップは普通こんなものです。もちろんTNを積んだ殆どのUltrabookよりも見やすい画面です。


float解除用
 ラップトップにしては補正が殆どかからないとても素直な出力特性。

 とりあえず数日触ってみて素直に良いマシンだなと感じました。殆どタッチパネルを使わずに、普通のクラムシェルとして運用しているのですがそれでも本機の良さを十分に享受しています。Windows 8の方も新OSなので時々おかしなところはありますし、操作に戸惑うこともありますが、基本的には7からブラッシュアップが進んでいるので問題なく常用できそうです。今後慣れてきたら、本機が日本で発売される頃にちゃんとしたレビューをお届けしたいと思っています。
Tags: yoga ultrabook
2012.10.20 15:01 (GMT+9)
Category:PC
 Windows 8の発売を間近に控え、スケジュール通り各社ともオーダーができる状態となりました。今回はUIががらりと変わるということで、クラムシェルにするのかハイブリッドにするのか、ハイブリッドにするとしてもどの方式でいくのか、などなど機種を選択する上で悩ましい点が多々あります。筆者はというと、気分はすっかりYogaだったりします。

x86 vs RT
 Windows 8では新たにARMプロセッサに対応したWindows RTがラインナップに加わります。そのため、そもそもプラットフォームをどうするのかを考える必要が出てきます。ただ、RTはこれからのプラットフォームなので、いわゆるガジェットとしてならともかく、即戦力が欲しい場合には自ずと選択肢から外れてきます。

IvyBridge vs Atom
 次に考えるのはマシンパワーでしょうか。超低電圧版IvyBridgeか、それともARMに匹敵する省電力性能を誇るAtomにするか、選択肢は二つあります。前者はUltrabookでそれなりのパフォーマンスが得られますがやや高価です。対するAtomは少し前にはやったネットブックの後継で、演算能力で劣る代わりに駆動時間では非常に有利です。

個人的には
 実は既に候補は挙がっていて、たぶんYoga 13を注文します。筆者の用途に、Atomの性能は絶望的と言わざるを得ません。以前も触れましたが、Atomではどうしても最大2GBまでというメモリがネックになるので、かなり使い方が制限されてしまいます。母艦とのやりとりを考えると、USB3.0が無いのも大きな痛手です。

IdeaPad Yoga 13
 どうしてYogaなのかというと、決めてはバランスの良さです。13.3インチ、16.9mm、1.54kg、8時間駆動とUltrabokとしてはありきたりな数値が並んでいますが、逆に言えば無理をしていない構成であり無難ということでもあります。
 解像度1600x900(138ppi)のIPS液晶はYogaの大きな魅力です。IPS液晶の利点は説明するまでもないと思いますが、個人的には精細度も丁度よく感じます。今使っている15.6インチでフルHDな液晶が141ppiで、これ以上細かいとスケーリング必須かなという感じですが、Yogaならスケーリング無しでも使えます。
 その他では、クルっと360度回るヒンジもポイントでしょうか。非常にシンプルですが、キーボード利用時はモニタを好きな角度に調整できて、使わない時はスタンドにできるというのは便利そうです。ヒンジに関しては"ほぼ"ThinkPadな25000回のテストを重ねているそうで、耐久性にも期待できます。
 Yogaに限らず、一体型ハイブリッド機はタブレットとしては重たいという弱点がありますが、経験上キーボードを外さないというのは利点にもなります。というのも、セパレートでは逆に"分離"させないといけないからです。タブレットだけを持ち歩くなら話は別ですが、ドッキングさせたまま鞄に入れておいて、さあタブレットとして使おうというときにはキーボードユニットの扱いに困ってしまいます。鞄に放り込むには、いささかコネクタ部の破損が怖いので。キーボード利用が多いユーザーには一体型が向いていると言えるでしょう。

競合たち
  • ThinkPad X1 Carbon
  • 少し手を伸ばすと親戚が見えてくるところですが、モニタはYogaに分があります。また、メモリ8GBにしようとするとX1 Carbonは$1500となかなかいい値段になってしまいます。Yogaはi5+8GBで$1100。
  • VAIO Duo 11
  • 話題のスライド式は携帯性とフルHD液晶が魅力的ですが、ヒンジの調整が利かない点は大きなマイナスとなります。また、こちらもメモリ8GBにすると$1500とやはり高額。
  • LaVie Z
  • Yogaの実に6割程度と驚異的に軽いZ、というか現時点で世界最軽量だった気がしますが、メモリ4GB固定と平らなキートップで真っ先に候補から外した機種でもあります。良くも悪くも日本向けですね。
  • Let's note AX
  • メモリ8GBにしたら軽くYogaの二倍以上の値段で、もはや競合とは言えないかもしれません。

実はかなり完成度が高い?
 ついつい特徴的なヒンジに目が行くYoga 13ですが、普通のUltrabookとして見ても完成度は高いと思います。重量は気になりますが、タッチパッド搭載とそれに伴う画面の強化を考えると仕方のないところでしょうか。画面が綺麗で、ヒンジの可動域が大きく、実用的な性能で、外に持ち出せて、普通に使えるマシンにようやく巡り会えそうです。
 ただ、クレジットカードの限度額という情けない理由で購入するのは来月になります。前もって計画しておけという話ですよね。まあ、その間にレビューも出そろうでしょうし、もしかしたら今はまだラインナップに無いオレンジが選べるようになっているかもしれません。
Tags: ultrabook yoga