float解除用
 PCが一人一台という時代も今は昔、複数のマシンが部屋で転がっている状況も珍しくなくなりました。特にマシン買い替えた時は、デスクトップの場合は周辺機器等をごっそり移行するので古い方は押し入れ行きということが多そうですが、ラップトップになると使えるマシンがそのまま一台余ることになります。単独で動かすにはパワー不足、かといって捨てるには勿体ないのもまた確かです。

 そんな余剰マシンを手軽に再利用する手段の一つが、今回取り上げるMouse without Bordersです。このソフト、何をするのかというと複数マシンの間でネットワーク越しにマウスとキーボードを共有できるようにしてくれます。この種のソリューションは古くからあり、切り替えスイッチはその代表格ですが、最近ではWormhole等より高度なデバイスも出回っています。ただ、古いマシンのために追加投資をするのは躊躇われるもので、そんな時にはフリーで使えるソフトウェアが最適です。

 マウス/キーボード共有ソフトとしての知名度で言えば、本ソフトよりもSynergyの方が上でしょう。あちらはマルチプラットフォームで自由度が高いという特徴があります。一方で、本ソフトはMicrosoft謹製なのでWindows環境でしか動きませんが、その代りに安定性が高く導入が簡単という利点を持っています。ネットワークを経由するソフトなのでファイアウォールには気を遣う必要がありますが、注意点はその程度で誰でも手軽に使用することができます。

 肝心の効果の程ですが、作業効率は確かに上がります。デュアルディスプレイ程自由度が高くはないとは言え、感覚として大差はありません。セカンダリに資料を表示させておいてメインで作業するような状況では非常に快適です。ファイル共有に関しては、ローカルにNASがあれば完璧ですが、無くてもクラウドストレージを利用すれば何とかなります。古いマシン活用しようと思うとパフォーマンス面に不安が残るものの、サブマシンとしてチューニングすれば大胆な運用も可能でしょう。

 筆者の場合は少し変則的で、非力なYoga 13がコンソールでW150HNMをサブにしています。双方ともメインを張れるスペックなので何をやらせてもサクサク動きます。スペック的には上のW150HNMですが、しかし持ち運びに向かないので使用頻度ではどうしてもYoga 13に劣っていましたが、今はサブディスプレイ兼外部プロセッサ的な少々勿体ない役割です。ただ、ラップトップの二台運用が初めてだったので、今のスタイルを思いつくのに時間がかかりましたが、W150HNM用には大きく立てるタイプのスタンドを用意するべきだったなと少し後悔しています。

 思うに、この種のアプリは今後Windowsタブレットが普及するにしたがって更に日の目を見ることになるかと思います。というのも、母艦さえあれば、タブレット用の周辺機器を揃えずとも使い慣れたキーボードとマウスでまとめて操作できるからです。自宅で置物化しやすいタブレットを今以上に有効活用できることは言うまでもありません。フルタッチデバイスはどうしても作業効率に難が生じてしまうものですが、普段はサブモニタとして使い、時々持ち出すというスタイルならば実用性は一気に増すことでしょう。
Tags: peripheral
2012.12.09 07:10 (GMT+9)
Category:PC
 再びAmazon.com買い物日記となります。今回は(物理的には大きいけど)小物として、ラップトップクーラーの失敗談を紹介したいと思います。実のところ、筆者はこれまでラップトップを母艦にして生活をしたことが一度もなく、そんなわけで当然ラップトップクーラーを使ったこともないのですが、ここに来てW150HNMを常用するにあたっては用意したほうが便利なんじゃないかという気になったので買ってみました。


float解除用
 というわけでまずチョイスしたのがHandStandaというメーカーの"COOL LIFT"という商品。パッシブタイプのクーラーで、お値段は$8と十分お手ごろ。さて、パッシブクーラーなので特に考えずにオーダーしたわけですが、届いたのは発砲スチロール板。ただ、この際材質は問題ではありません。深刻なのは、底面に滑り止めが一切ついていない点で、タイピングしていると時々滑ります・・。
 更に欠点はもうひとつあり、サイズが小さいです、すごく。マシンに応じて最適なクーラーのサイズも変わってくるので大きさそのものに良し悪しはないのですが、商品説明に15インチまでいけますよとあるのに実際に置いたら結構不安定でした。特に奥行が致命的に不足していて、ラップトップの端までカバーされないのでモニタを開くと重心が後ろに行き過ぎてわずかな力でキーボードが持ち上がります。あとはまあ、横幅も足りないのでタイピング時に少しぐらつきます。

 結局、あまりの使い勝手の悪さにしびれを切らして新たに別の商品を注文しました。今度はお馴染みCoolerMasterから発売されている" NotePal X-Slim"です。値段は倍近い$15。ただ、こちらはアクティブクーラーなので冷却ファンの値段を考えると十分安価だと言えるでしょう。CoolerMasterなので日本でも売っていそうなものですが、残念ながら取り扱いは無いようです。
float解除用


float解除用
 構造はあみあみのケースに160mmファン(1400rpm)を入れたシンプルなもので、もちろんゴム足が底面に配されています。天板側が金属製、底面はプラ製でかなり頑丈そうに見えます。本体サイズが大きいこともあり、重さ700gと結構ずっしり。公式には17インチノートまで対応となっています。


float解除用
 実際にマシンを置いた時の安定感は良好で、その自重と相まって使用中のズレを心配する必要は全くありません。ただ、15.6インチのマシンで大きさ的にほぼピッタリなので、17インチになると機種によっては苦しいかもしれません。ちなみに、後ろ足にスタンドがついていて高さを二段階に調整できます。

 冷却性能の方は、測定はしていませんがある程度の効果は約束されていると言って構わないでしょう。パッシブ運用でも、ラップトップ底面に十分なスペースが確保されるので冷却効率は格段に上がります。また、筆者の主観になりますが、ファンは十分静かで、少なくともこれに合わせる15インチ級ラップトップの内臓ファンよりは確実に優秀でしょう。USB給電なので発熱が気になるときだけアクティブにするのが賢いかと思います。

 結果的に、最初からちゃんとしたものを買っておけば良かった、という教訓を得ることとなりました。特に、設置時の安定性は重要で、マシンに見合うサイズのものを用意するのが何より大切なようです。ラップトップの実サイズに対して一回り大きなクーラーを考えておくのが無難かもしれません。
Tags: w150hnm peripheral
2012.09.05 09:07 (GMT+9)
Category:PC
 ご存じの通り、2012年現在とてもとても円高です。つまりアメリカでの買い物はとてもとても安いです。ということで買ってみたのがこちら。
float解除
 USB3.0の延長ケーブルです。米Amazonで$4.1(送料無料)なので日本円にして約320円と恐ろしい価格。長さは6ft(1.8mくらい)です。流石にちょっと長いですが、わざわざ延長させるなら大は小を兼ねるということで。ちなみに半分の3ftのものは$3.2と更に安く手に入ります。

 さて、気になる品質をチェックしてみます。今回は筆者の持つ1TBポータブルHDDで速度変化を測定してみました。
float解除
 びっくりするぐらい変わりません、当たり前ですが。これが例えば300MB/s出るSSDだともしかすると違ってくるのかもしれませんが、少なくともHDDをつなげる分には延長を挟んでも全く同じ結果です。今までのUSBデバイスと同じように延長をかませても問題ないようです。
 ただ、一部では相性問題があるという話も聞こえてくるので、もし当たってしまったらケーブルを変えてみるなりする必要があるかもしれません。
Tags: peripheral