2012.02.22 05:17 (GMT+9)
Category:ゲーム
 鳴り物入りでサービス開始したTERAですが、現在ユーザー離れが進み当初の賑わいはありません。AIONもそうでしたが、レベル上げが楽すぎて下位レベル帯は本当に人がいない状況です。

 思うに、いまのMMOの殆どはレベル上げが簡単すぎる気がします。FF14はしばらくやっていないので現状はわかりませんが、初期の頃と大差無いのであればサクサク上がります。AIONやTERAはそれ以上なので言うに及びません。少し古いグラナド・エスパダでもソロで育てるゲームだったのでPT募集がない分FF14より楽だった気がします。
 かつてのFF11やリネ2は非常に育成が大変なタイトルでした。どちらがいいのかは意見が分かれるところでしょうが、個人的には少しぐらい成長が遅い方が好ましいと思います。単純な話、とりあえずコンテンツの寿命に直結します。いまは廃人仕様を嫌う風潮が蔓延していますが、だからと言って簡単にレベルが上がればいいという話ではない気がします。というのも、現行タイトルの多くはキャップまで駆け抜けていくばかりでレベル上げの楽しみが感じられません。
 筆者がFF11をプレイしていた頃はレベル上げそのものが楽しかったです。決して快適なプレイ環境とは言えませんでしたが、日々新しい人とPTを組んでコツコツ経験値を貯めたものです。時間をかける分、装備にも愛着が湧きますしジョブに対する理解も深まります。最終装備以外の装備を大切に使うタイトルは今では見られません。
 とはいえ、ひたすらレベル上げするのはつまらないと感じる人も多くいるでしょう。ただ、RPGの基本はレベル上げにあるべきだと個人的には思うのです。ウィザードリィから続く伝統と言うと古臭いかもしれませんがキャラクターを育てて行動範囲を広げるというのは基本原理です。初めてセルビナで船に乗った時やジュノに入った時の感動は今でも覚えています。今のタイトルにはそれがありません。

 もちろん、レベルを上げた先のエンドコンテンツも必要でしょう。強敵と戦ったりレアな装備を集めたりです。ただ、エンドコンテンツはキャップユーザーが一度に押し掛ける以上すぐに飽きが来てしまいます。開発速度にも限度があるわけでエンドコンテンツに偏ったタイトルは苦しくなると思います。
Tags: mmo